豪ドル

豪ドル円スワップポイント比較ランキング【2019年】

更新日:

豪ドルのスワップポイントはどこのFX業者が多く貰えるのでしょうか?

本記事では豪ドルのスワップポイントを、多く貰えるFX業者を比較してランキング形式で紹介しています。

本記事を読めばどのFX業者で豪ドル投資を始めれば良いかが分かります。

投資家の悩み。豪ドルスワップポイントはどこで運用するのが良い?

日本には20以上のFX業者があります。FX業者によってスワップポイントの多さにかなりのバラツキがあります。

私も豪ドルのスワップポイント投資を始める前にどのFX業者が最もスワップポイントが高いのかを調べるのが大変でした。

そこで本記事では豪ドルを扱っているFX業者を豪ドルのスワップポイントが高い順番にランキング形式で紹介していきます。

豪ドル円スワップポイント比較ランキング【2019年】

豪ドル円のスワップポイントは50~25程度のFX業者が多いです。安いところですと最上位のFX業者の半分程度しかスワップポイントがもらえないため注意が必要です。

【FX業者別の豪ドルのスワップポイント一覧】

業者名 豪ドルスワップポイント 最低取引数量 未決済スワップの税金 スワップのみの引き出し
パートナーズFxnano 50 100 選択式
ヒロセ通商 50 1000 非課税
JFX 50 1000 非課税 ×
岡三オンライン証券 50 1000 非課税 ×
FXTF 44 1000 課税 ×
ライブスター証券 38 10000 非課税
SBIFXトレード 38 1 非課税
YJFX! 37 1000 課税
GMOクリック証券 33 10000 課税 ×
DMMFX 32 1000 非課税

FX業者別の豪ドルスワップポイントの一覧は上記の通りです。他の業者では20代などのスワップポイントのところもあるため豪ドルを投資するのであれば、上記のFX業者から選ぶのが手堅いでしょう。

今回の調査ではスワップポイントが50のFX業者が4社も並んでおり、かなりの接戦でしたね。

豪ドル円スワップポイントのFX会社比較

パートナーズFXnano

【スペック】

手数料(スプレッド) 0.6銭
最低取引単位 100単位
通貨ペア 18
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済スワップの税金 選択式
スワップのみの引き出し

【豪ドルスワップ実績】

50

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイント1位タイ!低スプレッドも魅力

豪ドルスワップポイント第1位に輝いたのがパートナーズFXnanoです。

豪ドルのスワップポイントを狙うのであればまずは検討した会社ですね!

スプレッドも0.6銭とかなり安いため、手数料も最低限で良いのが嬉しいですね。

100通貨単位から始められます

パートナーズFXnanoは、なんと100通貨単位から豪ドル投資を始められます。

例えば豪ドルの値段が80円であった場合は、8000円から投資することができるということですね。

気軽に豪ドル投資ができるため、非常に人気が高いのが特徴ですね。

知名度が少し低い

パートナーズFXnanoは他のFX業者と比較すると、やや知名度という面では劣りますね。

有名どころを使いたい、という人はヒロセ通商などを利用すると良いと思います。

ヒロセ通商【おすすめ】

【スペック】

手数料(スプレッド) 0.7銭
最低取引単位 1000単位
通貨ペア 50
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し

【豪ドルスワップポイント実績】

50

豪ドルスワップポイント1位タイ!安定感が魅力

豪ドルならヒロセ通商、といわれるほど人気が高いのが特徴です。2015年ごろから安定してスワップポイントを50で提供しています。

長い期間スワップポイントを高く設定してる業者ですね。

1000通貨単位から開始できます

ヒロセ通商は1000通貨単位から取引を行うことができます。

1万通貨単位から取引を行う業者が多い中でこういった少ない通貨単位で取引が開始できるのはとても助かりますね。

豪ドルスワップポイントを未決済引き出しができる

ヒロセ通商の特徴として、ポジションを未決済でもスワップポイントを引き出すことができる点です。例えば豪ドルのスワップポイントを毎月引きだしてお小遣い代わりにする、ということも可能です。

サラリーマンでお小遣いがもっと増えたらいいなぁ、と考えている人にはぴったりですね。

 

JFX

【スペック】

手数料(スプレッド) 0.7銭
最低取引単位 1000単位
通貨ペア 24
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し ×

【豪ドルスワップポイント実績】

50

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイント1位!

JFXはヒロセ通商の子会社で豪ドルスワップにも力を入れています。

豪ドルでとても高いスワップポイントを実現していますね。

1000通貨単位、0.7銭の使い勝手の良さ

1000通貨単位で取引ができる上にスプレッドは0.7銭ということでかなりの実力です。しかし比べれば比べるほど、ヒロセ通商と酷似していますね・・・。流石は子会社です。

未決済の豪ドルスワップポイントは引き出しができない

JFXは未決済の豪ドルスワップポイントは引き出しができません。そのため、豪ドルのスワップポイントをコツコツと引き出してお小遣い代わりにする、ということはできないですね。

スワップポイントのみを引き出したい場合は、ヒロセ通商を選択しましょう。

 

岡三オンライン証券(クリック365)

【スペック】

手数料(スプレッド) 0.6銭
最低取引単位 1000単位
通貨ペア 24
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し ×

【豪ドルスワップポイント実績】

50

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイントが高くて人気がある

岡三オンライン証券は豪ドルスワップポイントが高いのが特徴です。スワップポイントは50で安定的に高いのが特徴です。

スプレッドがやや高い

豪ドルのスプレッドは0.9銭とやや高いのが特徴です。やはりヒロセ通商と比較すると見劣りしてしまいます。

ウェブサイトが見にくい

個人的には岡三オンライン証券のウェブサイトは見づらいと思います。もう少し配置やデザインを見直して、初心者でも分かりやすいように工夫して欲しいと思います。

 

FXTF

 

【スペック】

手数料(スプレッド) 0.6銭
最低取引単位 1000通貨単位
通貨ペア 29
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金
スワップのみの引き出し ×

【豪ドルスワップポイント】

44

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイントは比較的高い

FXTFは豪ドルスワップポイントが他のFX業者と比較しても上位にランクインしました。ただし、やはり最上位クラスと比較するとやや見劣りしてしまいますね。

 

ライブスター証券

 

【スペック】

手数料(スプレッド) 3.2銭
最低取引単位 1万通貨(南アランドは10万通貨)
通貨ペア 24
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済スワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し ×

【豪ドルスワップポイント】

38

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイントはまずまず

ライブスター証券の豪ドルスワップポイントは、まずまずです。平均から見るとやや高い方と言えます。

スプレッドが高い

ライブスター証券の豪ドルのスプレッドは3.2銭で他のFX業者と比較してもかなり高くなっています。豪ドルを短期や中期的に取引もしてみたい、という方にはおすすめできない業者です。

最低取引単位が1万通貨で使いづらい

ライブスター証券の最低取引単位が1万通貨でかなり使いづらいです。豪ドルが80円であった場合は、80万円単位での取引となるため初心者の方には少し扱いづらい単位です。

 

SBIFXトレード

【スペック】

手数料(スプレッド) 0.59銭
最低取引単位 1単位
通貨ペア 26
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し

【豪ドルスワップポイント】

38

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイントはまずまず

SBIFXトレードのスワップポイントはまずまずです。飛びぬけて良いわけではないですし、特に悪いことはありません。

1通貨単位での取引が可能

SBIFXトレードの最大の特徴は1通貨単位での取引ができる点です。例えば豪ドルが80円であった場合は、1通貨である80円から取引を行うことができます。

YJFX!

 

【スペック】

手数料(スプレッド) 0.7銭
最低取引単位 1万通貨単位
通貨ペア 19
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金 課税
スワップのみの引き出し

【豪ドルスワップポイント実績】

37

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイントは平均的

YJFX!は豪ドルのスワップポイントは平均的です。特に理由がない限りは、豪ドルスワップ目的には向かないFX業者と言えますね。豪ドル投資を行うのであれば他のFX業者を利用した方が良いでしょう。

トルコリラの取り扱いがない

豪ドルスワップと同じように人気が高いトルコリラのスワップポイントです。しかしYJFX!ではそもそもトルコリラの取り扱い自体がありません。

豪ドルと同時にトルコリラのスワップポイントを考えている場合は、他のFX業者を考えましょう。

GMOクリック証券

手数料(スプレッド) 0.7銭
最低取引単位 1万
通貨ペア 19
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済スワップの税金 課税
スワップのみの引き出し

【豪ドルスワップポイント】

33

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイントは物足りない

GMOクリック証券は豪ドルスワップポイントはやや物足りない結果となりました。トップと比較しても3分の2程度のスワップポイントですから、年間にするとかなりの差額になってしまいます。

最低取引単位が1万通貨である

GMOクリック証券は最低取引単位が1万通貨です。初心者が豪ドルスワップポイントを狙う単位としては1万通貨は高すぎますね。

豪ドルスワップ投資を行うのであれば、できるだけ他のFX業者も検討した方が良いでしょう。

 

 

DMM FX

手数料(スプレッド) 0.7銭
最低取引単位 1000通貨単位
通貨ペア 29
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し

【豪ドルスワップポイント実績】

32

【管理人コメント】

豪ドルスワップポイントは少ない

DMM FXは豪ドルスワップポイントは少ないため、豪ドルスワップポイントを狙うのであれば他の業者を検討しましょう。

豪ドル政策金利の推移

豪ドル政策金利の推移は次の通りです。

豪ドルの政策金利の推移

豪ドル政策金利は2008年には7%ほどで推移していました。

2008年のリーマンショックを受けて大きく政策金利を下げて2009年には3%にまで下落しました。

その後徐々に政策金利を上げていき2011年には4.75%にまで上昇しました。

しかしその後、徐々に政策金利を下げていき、2014年には2.5%になり2017年からは1.5%で推移しています。

オーストラリアはかつてインフレ率が10%を超えるような国でした。そのため、インフレ率を抑えるために高金利にしていた歴史があります。しかし、現在はインフレ率も安定してきており金利を1.5%に据え置いています。

1.5%はかつてと比べると金利は低いですが、日本と比較するとまだまだ高金利です。このように高金利を維持している理由として、オーストラリアは外国のお金を集めたいと考えているためです。投資家のお金を集めて自国へ投資してもらい経済発展を遂げたい、と考えているのが根底にあります。今後もこういった方針は変わらないと考えられます。

豪ドルのスワップポイントの推移・レートを確認

ここで豪ドルスワップポイントの推移、レートを確認してみましょう。

豪ドルのスワップポイントの推移

上記の表は、ヒロセ通商の豪ドルのスワップポイントの推移です。リーマンショックを契機にスワップポイントが150から70程度に下落しています。2016年からはスワップポイントは50で安定していますね。

豪ドルの政策金利と比較すると、下落率は低く安定感があります。これはヒロセ通商が他の通貨のスワップポイント分を豪ドル分に回しているから、という噂もあります。豪ドルのスワップポイントを運用するのであれば、豪ドルのスワップポイントで有利なFX業者を選択することが大切ですね。

豪ドルチャートの推移

豪ドル2014年からの推移

豪ドルチャートの実際の推移をみてみましょう。

豪ドルの推移

まずは2014年からの豪ドルの推移です。93円~70円ほどで安定的に推移していることが分かりますね。

レンジ幅としては93円~70円をみておけば良さそうです。

豪ドル2007年からの推移

豪ドルの推移

続いては豪ドルの2007年からの推移です。こちらはリーマンショックの際に大きく下落しているのが分かります。98円~45円ほどの間で推移しています。

豪ドルスワップポイント生活ではレバレッジ2倍程度がおすすめ

レンジ相場とはいえ、リーマンショックのような不景気が訪れると豪ドルの価格は下落します。45円程度までの下落に耐えられるだけの資金力が必要ですね。

そのため、レバレッジは2倍程度に抑えておくのが良いでしょう。2倍であれば仮に98円から45円に下落したとしても耐えられます。

3倍になると耐えられずにロスカットになる可能性が高いため注意が必要です。

稀にレバレッジ25倍などの高レバでスワップ運用される方がいますが、絶対にやめておきましょう。暴落時に致命傷を負います。

低レバレッジ運用を心がけて長期的な運用を目指しましょう。

-豪ドル

Copyright© スワップポイント生活FXブログ【あおぞらFX】 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.