南アフリカランド

南アフリカランドスワップポイント生活!サヤ取り&複利運用併用型!

更新日:

南アフリカランドでスワップポイント生活を始めました!

スワップポイントといえば、金利の高い国の通貨を持ってコツコツと金利収入を増やす方法です。

が、僕は少し違う手法に着目して、『サヤ取り + スワップで複利運用』という手法を行っています。

リスクをかなり軽減できる上に、高い利回りを狙えるため、個人的に実証実験を行っています。

本記事では管理人の手法を公開しておりますので、ぜひごらんください。

南アフリカランドスワップポイント生活。サヤ取り+スワップで複利運用!リスクを抑える方法

結論:サヤ取り + スワップ複利運用がおすすめ

【管理人がやっていること】

買いポジション みんなのFX

売りポジション DMMFX

スワップ積立業者 SBIFX積立で自動積立

という方法でスワップ生活を行っています。こういった方法に行き着いた理由などについて詳しく解説していきたいと思います。

 

買いポジションと売りポジションを持ってスワップポイントの差額をもらうサヤ取り

南アフリカランドは高金利が人気の通貨ですが、スワップポイント以上に為替損益のダメージが大きくなり結果的に損失になってしまうことが多々あります。

そこで、スワップポイントのサヤ取りを活用して安定的、長期的に利益を追求する方法がおすすめです。

例えば買いポジションのスワップポイントが10万通貨で150円、売りポジションが10万通貨で100円であれば毎日50円の利益をただで得ることができます。

南アフリカランドを運用する場合は、10万通貨単位のFX業者に注意が必要

南アフリカランドを運用する場合に気を付けたいのが取引の通貨単位です。スワップポイントが大きくても10万通貨単位でしか取り扱っていないFX業者は非常に使い勝手が悪いです。

たとえば南アフリカランド円が7.8円の場合ですと10万通貨単位ですと、78万円単位の投資となります。資金が豊富にある方でしたら、良いかと思います。しかし、僕のように資金に余裕がない場合はかなり扱いづらいと思います。

ということで、南アフリカランドを運用するのであれば、1000通貨単位以下のFX業者を選ぶことが大切です。

 

買いポジションはみんなのFX

【基本情報】

手数料(スプレッド) 1.8
最低取引単位 1000
通貨ペア 20
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済スワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し

みんなのFXは南アフリカランドのスワップポイントが安定的に高く、管理人も利用しています。

また、最低取引単位が1000通貨単位ですので、膨大な資金力がなくても運用することができます。

 

売りポジションはDMMFX

 

手数料(スプレッド) 0.7銭
最低取引単位 1000通貨単位
通貨ペア 29
スワップポイント
資金の安全性
スマホ対応
レバレッジ 最大25倍
未決済のスワップの税金 非課税
スワップのみの引き出し

売りポジションで最もお得なのはGMOクリック証券ではありますが、取引単位が10万通貨ですので、使い勝手が悪いです。

そこで私は売りポジションではDMMFXを利用しています。DMMFXは取引単位が1000通貨単位で使い勝手が非常に良いです。

また、南アフリカランドのスワップポイントもGMOクリック証券に匹敵する高さです。

得られたスワップポイントは、1通貨単位購入ができるSBIFXトレードで複利運用をする

SBIFXトレードでは自動積立に対応している

SBIFXトレードではFX業者で唯一自動積立に対応しています。

しかも積立では毎日の積立にも対応しています。

1日で得られるスワップポイントをSBIFXトレードにすぐに回すことで南アフリカランドの複利効果を最大限に活かすことができます。

注意点:南アフリカランドのサヤ取りでレバレッジ10倍は強制ロスカットのリスクが高い

レバレッジ10倍のリスクについて。ネットの情報をそのまま実施するのは危険

南アフリカランドのサヤ取りをネット上で調べてみると、レバレッジ10倍前後を想定して運用しているサイトもあります。

もちろんレバレッジ10倍で運用を行って高いスワップポイントを狙うのも一つの手ではありますが、強制ロスカットのリスクがかなり高く危険です。

【例】

  • 南アフリカランド円レート 7.8円
  • 10万通貨運用
  • レバレッジ10倍
  • 7万8千円入金

という場合は、ロスカットレートが7.163円となります。比率にしますと、約8.2%の値下がりで強制ロスカットとなってしまいます。

8.0%以上の下落の日数は10年単位でみると複数回ある

先ほどの例では8.2%の下落で強制ロスカットになることが分かりました。

そこで、過去においてどれくらいの頻度で急落があったのかをまとめたのが次の表です。

南アフリカランドの変動率

この表では1日に変動した%を棒グラフであらわしています。なぜ1日単位にしたかというと、スワップポイントの運用ではあくまでも長期投資ですから、1日に1度入金するチャンスがあるという感覚で運用したいと考えているからです。アラートメール等を活用すれば1日に1度チェックすることは比較的簡単にできますので、このように表しています。

表を見てみると、2008年に特に集中しているのがわかります。これはリーマンショックの影響で大きな変動があったということです。

また、それ以降も不定期ではありますが、8%を超える変動率を記録しています。

【8%を超える変動を記録した日】

日付 変動率
2008年10月6日 9.20%
2008年10月8日 8.98%
2008年10月15日 17.67%
2008年10月16日 10.07%
2008年10月21日 8.04%
2008年10月22日 14.04%
2008年10月24日 14.33%
2008年10月28日 12.23%
2010年5月6日 11.23%
2016年1月11日 9.11%
2016年6月24日 15.09%
2018年8月13日 8.86%

2007年4月2日以降で8%以上の変動があった日は12日もあります。

リーマンショックが終わっても2年~4年の感覚程度で大きな変動がありまして、数年、数十年以上の運用を目標とするスワップポイントではかなりリスキーだということが分かります。

レバレッジ10倍で運用をしていてこういった変動に巻き込まれた瞬間に強制ロスカットとなってしまい大きな損失を被る恐れがあります。こういった強制ロスカットについては、スワップポイントの長期投資を行う上では絶対に発生させてはいけません。

レバレッジ3倍程度がおすすめ

レバレッジ10倍ではかなりリスクが高いことが分かりました。そこで本サイトでは3倍以下のレバレッジを推奨します。

確かに年率は下がってしまうのですが、強制ロスカットをくらって大損失になるよりは遥かにマシであると思います。

管理人自身もスワップポイント投資においてはレバレッジ3倍以下を絶対条件として投資しています。

【例】

  • 南アフリカランド円レート 7.8円
  • 10万通貨運用
  • レバレッジ3倍
  • 264,000円入金

上記のような運用であれば、ロスカットレートは5.265円となります。下落率としては32.5%まで耐えられる計算になります。

1日の最大下落率が2008年10月15日に発生した17.67%ですので、かなり余裕のある運用と言えます。

計算上はさらにレバレッジを引き上げることもできるのですが、強制ロスカットを絶対に起こさない、ということが前提となりますので、十分な余裕がある運用を推奨します。

南アフリカランドは長期的に下落傾向で不安がある

南アフリカランドのチャートの確認。下降トレンドを形成中

南アフリカランドのチャート

南アフリカランドと言えば、比較的古くから高金利として親しみがある新興国通貨です。金利が高いためスワップポイント投資の定番として定着しつつあります。

しかし、南アフリカランドはリーマンショック時には大きな下落を記録しており、相場変動時には注意が必要だということが分かります。

長期的には下落傾向だが、利益がでやすい通貨でもある

チャートは下落傾向ですが、実際にどれだけ利益がでるのか?ということですが実際に調べてみました。

年度 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
初値 14860 9880 12660 12280 9490 10260 9790 10280 7660 8500 8940
終値 9720 12470 12240 9460 10170 9990 10360 7750 8500 9090 7610
年度のスワップ 1351.9 1285.125 871.5 597.85 491.5 506.25 554.125 518.3625 545.4 615.65 558.5625
現在まで投資を続けた場合の利益率 -39.7% 43.2% 1.65% -2.3% 20.0% 6.3% 6.3% -4.2% 21.8% 3.3% -8.6%

2008年にはリーマンショックがありまして、このときの2008年1月2日に南アフリカランドを購入して2018年末まで所有していた場合は、マイナス39.7%の損失です。かなり痛いですね。

しかし他の年度を見て頂ければわかりますが、損失よりも利益が出ている年度も多く長期投資の優位性がうかがえます。

リーマンショックを考慮しない場合は、平均+8.76%の成績です。また、リーマンショックの年を入れたとしても、平均+4.3%であり、これもなかなかの成績と言えます。レバレッジを活かせばさらなる利益が狙えるため南アフリカランドの長期的な運用も十分利益が見込める投資先だと考えています。

とはいえ、年度によってはマイナスになることもあるため、ドルコスト平均法で積立投資をしていくのが最も合理的だと思います。

 

 

サヤ取りでスワップポイントを貯める → スワップで買いポジションを持つ。リスクを最小限にできる

ここまで南アフリカランドの特徴を見てきましたが、南アフリカランドに自分の資産を全力でぶっこむのはやはり不安がありますよね。

そこで南アフリカランドへお金を入れるのはサヤ取りででた利益を積み立てるのが良いのではないか?と考えるようになりました。

サヤ取りであれば、為替損益がでることもありません。さらにそこから得られたスワップポイントであれば南アフリカランドのようにハイリスクハイリターンの通貨に入れたとしても、もともとが投資から得られた資金のため、最悪価値がゼロになったとしても損失になることはありません。

かなり保守的な投資方法ではありますが、なかなか良いパフォーマンスを出せるのではないでしょうか。

 

南アフリカランドスワップポイントの期待利回りについて

それでは南アフリカランドスワップポイントの投資における期待利回りを計算していきたいと思います。

今回の計算では次のような例で計算します。

  • 購入は10万通通貨
  • レートは7.8
  • 買いポジションスワップは150
  • 売りポジションスワップは100

という条件で計算します。

また、積立の計算については、為替損益を考慮せずに純粋にスワップポイントのみ考察していきます。

計算を簡略化するために次のような条件で計算します。

  • 10万通貨所有時
  • レートは7.8
  • 買いポジションは150

として計算していきます。

レバレッジ1倍の期待利回り計算

サヤ取りの期待利回りは1.16%

それではサヤ取りの利回りを計算したいと思います。サヤ取りでは買いポジションと売りポジションでそれぞれ10万通貨持つことになります。

10万通貨を売りと買いの両方を持つため、

780,000*2=1,560,000

という計算から1,560,000円分の南アフリカランドのポジションを持つことになります。

買いポジションは1日で150、売りポジションは1日で100のスワップポイントですから、1日のサヤ取りで得られる利益は50円となります。

50 * 365 =18,250

という計算から1年で18,250円の利益が得られます。

ということで、利回りは約1.16%となります。

うーん、やっぱりレバレッジ1倍ではなかなか高い利回りはでないですね。しかし、定期預金などと比較するとかなり高い利回りですし、為替損益に関係なく安定して利益を出せるメリットがあります。

積立の期待利回りは7.01%

積立投資の期待利回りを計算していきます。

10万通貨を所有するということで78万円分の南アフリカランドを持っているとします。

一日あたりのスワップポイントは150です。

150*365=54,750

1年で得られるスワップポイントは54,750円となります。

そのため期待利回りは7.01%となります。ただし、為替損益を考慮しておりませんので、この数値よりはやや低くなると考えられます。

レバレッジ3倍の期待利回り計算

サヤ取りの期待利回りは3.48%

レバレッジ3倍時のサヤ取りの期待利回りは単純に1倍の時の3倍ですから3.48%です。

積立の期待利回りは21.3%

積立のレバレッジ3倍であれば21.3%が期待利回りとなります。こちらについても為替損益によりやや利回りが下がることが考えられますので、サヤ取りで得られた利益を回すようにしましょう。

管理人の運用状態

運用17日目

 

 

サヤ取りの成績17日目

  • 買いポジション -3220円
  • 売りポジション 2882円

となっておりまして、現在は-338円という成績です。

購入時のスプレッドが意外と重たくてプラスに転ずるのに時間を要しています。

しかし、スプレッド負けの分は徐々に減っていきますので、徐々にプラス利益になっていくと思います。

また、積立FXの方はスプレッド負けが消えたら、改めて投資をしていきたいと思います。

-南アフリカランド

Copyright© スワップポイント生活FXブログ【あおぞらFX】 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.